陰茎増大サプリで男に自信を!

300種類の中から陰茎増大を厳選!

ヴァイアグレット
ベテランAV男優のTw※tterでの嘆きから産まれた・・・結果、AV最長撮影記録を更新!ヤル前に飲むだけ!!ヴァイアグレット
BIG FACTORY
まさに本物といっても過言ではない陰茎増大方法!チントレでもなくサプリでもなく「水」!事前に溶かした状態で摂取できるからナノレベルで浸透!元某有名AVメーカー独自制作していた商品が遂に限定一般販売開始!

中年世代の性知識記事一覧

最近はめっきりタバコを吸う場所やタバコを吸う人が少なくなりましたね。タバコ代金も値上がって、それを機会にタバコをやめた!という人も多いようです。健康のためにはタバコは吸わない方が良いですが、愛煙家にとっては至福のひとときを辞められないという人も多いですね。さて、タバコを吸うと下半身が弱くなると聞いたことはありますか?「メンソールのタバコを吸うとインポになる」という話もよく聞きますね。結果から申し上...

年齢を重ねると精力はもちろんの事、体力も落ちてきます。無理をした性行為では腰を痛めたりする原因にもなってしまいます。そこで、体力・精力を使わずに少エネでできるオススメ体位をお知らせします。突くことだけを目的としない女性を喜ばせる為の性行為です。まず男性は女性を喜ばせる為の行為として3つのクンニを使い分けることがポイントです。・枕クッションクンニリングス女性の腰の下に枕を引いて恥骨の位置を高くするこ...

ED(勃起不全)の場合のED治療としては一般的にはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬を飲むことで約80%の方が治療することができます。しかし、薬を飲み続けなければならず保険の適応外のED治療薬は経済的にも負担が大きい場合があります。ED治療薬を飲まないでEDを治療しようとした場合は男性ホルモンのクリームを太ももの内股に塗るという治療方法もありますが、あまり一般的ではありません。EDの先...

男も40歳を超えると「加齢臭」がますます強くなると言われています。この加齢臭は体の酸化がどんどん進んでいる状態で、ストレスによって酸化した体はますます「加齢臭」を引き起こすのです。通常人間の体はややアルカリ性が理想とされており、体内の酸化が進むと一酸化窒素が減少してEDを引き起こす原因になっているのです。この一酸化窒素は体内の血流を促進してくれる成分であり、それが少なくなることで海綿体へと血流を送...

結婚生活やお付き合いをしている時間が長くなるほど、相手の事になれてしまい夜の生活もだんだんとマンネリ化して、不感症になる場合があります。不感症とは相手からの性的な刺激に対して興奮を感じられないという状態です。不感症は冷感症とも呼ばれることがあります。実際に不感症になると女性の場合はオーガズムに達しないという現象が起きます。相手が不感症の場合の性行為は、本人も相手にとってもストレスを受けやすくなりま...

健康だからセックスができるのか?セックスできるから健康になれるのか?お互いが良い効果を出し合い、健康とセックスは切っても切り離せない関係にあるのは事実です。実際に健康にとってセックスがもたらす効果はたくさんあります。健康を維持するだけでしたら睡眠、運動、栄養をしっかりすれば大丈夫ですが、そこに男女が愛し合うというセックスが加わることによって、より健康的で豊かな人生を送ることができるのです。もう年だ...

平均体重以上の方には耳の痛い話かもしれません。肥満は、生活習慣病だけでなく、男性の下半身にも悪影響を及ぼしているのです。肥満の方のEDになる確率は、平均体重の方と比べても1.7倍以上と言われています。実際にEDになっている方は、生活習慣病になっていることが多く、多くの方が病気の治療の為のお薬を飲んでいます。この薬による副作用で下半身の機能が大幅に低下する可能性があります。お薬を飲み始めたタイミング...

何十年も連れ添った夫婦ではいまさらと思うかも知れませんが、セックスのマンネリ化を防ぐことでお互いにいつでも新鮮な夜を過ごすことができるのです。セックスの回数が多い人夫婦は、離婚率も低いという結果が出ていますので、カップル、夫婦にぜひ試していただきたいと思います。マンネリセックスを解消するには、特別な道具はいりません。それは100円ショップで売っている「アイマスク」を使用します。人間には嗅覚、味覚、...

最近、飲み屋で知り合った28歳の女性と付き合っています。ちなみに私は52歳です。こんな歳になって28歳の女性と付き合えるなんて本当に夢のようです。そこですごく心配なのが私のセックスで相手が満足をしているのか?と気になるようになりまして。そこで、彼女には内緒でクリニックに行き、バイアグラを処方してもらいました。あらかじめ彼女とセックスをする時間から逆算してバイアグラを飲みました。たいたい1時間後がピ...

勃起力が弱いのは血液の流れが悪くなっている事があげられます。勃起に必要な血流量が海綿体へと送られない状態がEDを引き起こします。それでは、血液がサラサラになる食べ物でなんとかこのEDを未然に防ぐことはできないでしょうか?どのような食事をすれば良いのか?できれば奥さんに見ていただきぜひ、参考にしていただきたいですね。朝は青魚と納豆を1日1回食べるようにする。朝はご飯には納豆と青魚を中心にすると良いで...

パートナーが高齢になると、女性器からの愛液の量も少なくなり濡れにくくなります。女性が愛液があふれ出てこそ、男性も女性も気持ちの良いセックスが楽しめるのです。そこで、挿入前の前戯での愛撫方法をお教えします。愛撫というと体に触れることと思いがちですが、実は女性が気持ち良いのは髪の毛をなでられることだったりします。髪の毛には神経こそありませんが、毛根の下には神経の末端があります。髪に触れられると、毛根の...

体の血液を浄化する役割が肝臓です。この肝臓の働きが悪くなった場合に「人工透析」という処置が行われます。この人工透析をきっかけに勃起不全になる人が全体の80%以上とも言われており、年齢が高いほどさらに確率は上がります。人工透析治療を受けると男性ホルモンの減少や神経の障害、血管の障害などを引き起こし、それらの総合的な作用によって、血液をペニスに送り込めなくなり勃起不全を誘発させます。また、肝不全は自律...

ED(勃起不全)を治療するには、ED治療薬を飲むのが最適ですが、ED治療薬を飲んでもまったく効かないという方がいます。この方法は世界的には治療として認められているのですが、日本では国の認可がおりていないので保険適応外治療となります。この方法は誰もができる一般的な方法ではありませんが、参考までに海綿体注射をご紹介します。海綿体注射は病院で注射をしてもらうと10分程度で強制的に勃起状態になります。この...

女性の括約筋とはズバリ、膣のしまり具合の事を言います。女性は加齢や妊娠によって括約筋は緩みがちです。もう一度鍛え直すことで膣のしまりが良くなるのです。これは筋肉ですので、年齢に関係なくトレーニングをした時から鍛えられていきます。では括約筋はゆるいよりも、なぜ締まりが良い方が良いのでしょうか?それは男性が挿入したあとにユルユルですとセックスの快楽が少ないというのがあげられます。膣とペニスが密着してい...

男性はとことんアソコの「立ち」にこだわります。立たないと男としてのプライドが傷つき落ち込んでしまうことさえあります。では、女性からみた男の勃起力はどう感じているのでしょうか?性行為においては男性のペニスが十分に勃起していないと挿入さえできないというのは事実としてあります。しかし女性は気持ちで性行為をするタイプですので、挿入だけの1点のみにこだわってはいません。つまり男性はそれほど落ち込む必要はない...

スポーツ界では、パフォーマンスを上げるためにドーピング剤や筋肉増強剤などが使われることがあります。これは、もちろん違法行為なのですがオリンピックで金メダルをとりたい、大会で優勝したいという思いが強すぎるほど罪の意識がなくなってしまいます。また筋肉増強剤の副作用でウツ状態になったりと、かならずしも良い結果ばかりではありません。これは一部の噂ですが、スポーツ選手の中にはバイアグラを服用しているという方...

東京都の調査によると、20代HIV感染数が1989年の調査開始から比べて2014年は3番目に多かったと発表されました。2013年のHIV感染数からは43人増えて、512人になりました。この数字は自らが保健所でHIV感染の可能性があるとして検査した人であり、検査を受けていない人を含めるとさらに数倍、数十倍の可能性もあり、正しいHIV感染数は分かっておりません。HIV感染数を年代別にみると20歳代35...

最近は価値観の違いや正確の不一致の離婚理由の他に、「体の相性が悪い」と言って離婚理由にする夫婦が急増しています。この体の相性が悪いとは、具体的には夫の勃起不全により、妻がセックスの不満があると言う事なのです。このセックスをしたくても、できない状態が長く続くと、可能性としては離婚ができる場合もあるそうです。男性は、バイアグラなどの勃起薬があるので、それらを使用しなかった場合にも状況的に不利になるよう...

短小だと思っていたのに、ペニスのサイズをきちんと計測したら、標準だったという事もあります。人それぞれ測り方に誤りがあるので、正しい計測をしている人の方が少ないのです。ペニスはサイズは勃起時の事をいいます。平常時からの伸びしろが個人で差があるので勃起時を計測します。日本人の平均でしたら約13cm程度、14cmあったら平均を超えているとと思って間違いありません。ペニスサイズを測るには、ペニスをマックス...

アルギニンというアミノ酸は、体内に取り込むと成長ホルモンを活発化するとこが分かっており、成長ホルモンが分泌されると、身長や髪の毛、爪などが伸びるのです。短小を解決しようと思った時には血流の促進も大切ですが、何よりも成長ホルモンの分泌を活性化させなければなりません。そこでアルギニンが必要になってくるのです。陰茎増大剤には必ずと言っていいほどアルギニンが配合されているのも、成長ホルモンを分泌させて陰茎...

性器カンジタ症は男性よりも女性がかかりやすい病気と呼ばれています。もともと人体の膣内、腸管に存在している菌ですので、他人から性行為でうつされてしまう性病とは異なるものとして考えられています。性器カンジタ症は免疫力の低下や体調不良など、身体が弱った時になんらかの原因によって突然発症する場合があります。女性の場合の主な症状としてはオリモノがヨーグルト状になり、外陰部にムズ痒いカユミが発生し、男性の場合...

精力が一番ある年齢は20才前後と言われています。「えっ?もうピークは過ぎたの?」とビックリされた方も多いと思います。実際には精力の衰えを実感として感じるのが40才近辺で、「あれ?おかしいぞ」という感じで異変に気がつきます。その異変とは、「性行為が2回できなくなった」「勃起力が弱くなった」「精子量が少ない」などなど・・・。40才と言えば男の働き盛りで家庭よりも仕事の方が大切という人も多いでしょう。久...

エイズを予防するにはコンドームの装着、不特定多数のセックス、同性でのセックスを避けることが予防策として考えられていますが、実はエイズの予防薬としてツルバタという医薬品があることはあまり知られていません。この抗HIV感染治療薬のツルバダはアメリカのギリアド・サイエンシズ社が開発して世界中に愛用者がいる治療薬です。ツルバタはエムトリシタビン、フマル酸テノホビルジソプロキシルを含むもので、1日1錠で2種...